円城塔「つぎの著者へつづく」(『オブ・ザ・ベースボール』収録)

前回の記事で、ウィトゲンシュタインの『黄色本』が円城塔の「つぎの著者へつづく」(『オブ・ザ・ベースボール』収録)に出てくると書いた。 その挿話を見かけたのは何処の本でのことだったのかを問いかけられて、私は即座に黄色本と答えるのだが、ウィトゲ…

ウィトゲンシュタインの恋人

少し前,ウィトゲンシュタインとスキナーの関係について伝記本などから記述を集めた。人に見せるためにまとめたわけではないけど,読み返したら意外と面白かったので公開します。基本的にはモンクの伝記からの引用です。バートリーの本は読んでません(特に…

鬱病と語学

語学をやって鬱病を克服した坂口安吾にならって、メンヘラは語学をやれ、というツイートを前にした。そのとき柄谷行人と木田元が坂口安吾を引き合いに出して同じようなことを言っている、ということを知ったので、該当箇所を調べて読んだ。ちなみに僕が坂口…

3単語タイトルの本はかっこいい

3単語タイトルの本はかっこいい。僕が思いつくのはエイヤー『真理・意味・言語』とか、ノージック『アナーキー・国家・ユートピア』とか、キットラー『フィルム・グラムフォン・タイプライター』とか、竹内外史『層・圏・トポス』とか。 同じようなことを考…